© All rights reserved. Powered by YOOtheme.

工業コースの魅力

工業コースでできること

工場コースでは主に、車やバイクの整備、塗装、カスタムペイント、溶接、ものつくり(伝統工芸品やアクセサリー類)、などの普通の学校では習うことのできない、特別なスキルを学ぶコースです。

バイクの免許が取得可能になる16歳になれば、免許が取得できることはもちろん、免許取得自体が授業出席として認められます。バイク取得後は、自分のバイクでの通学、また、整備の方法、塗装から全てを学習することができます。

在校生も色々なバイクを所持しており、共通の趣味を持つもの同士、先輩後輩の仲も自然と深まります。

また、バイクや自動車だけでなく、以下のような塗装をはじめとした幅広いものつくりの技術を学ぶことができるため、社会に出てからも一生使えるスキルを身に着けることができます。

できるようになること①:自動車やバイクの整備

自動車やバイクの整備は、簡単そうに見える作業でも、時に命に関わる事件を起こしてしまう場合も。

ですが、専門の先生のもとでしっかりした手順を学べば、安全にそして簡単にいろいろなことができるようになります。

また、自分で色々なことができるようになるので、車好きの友達に頼られたり、車好きの中でも一歩リードした存在になること間違いなし!

学校にあるたくさんの車やバイクをイジってどんどんチャレンジしてみましょう!

【バイク】全てが自分でできるようになる

バイクで250cc以上には車検があります。しかしそれ以下になると車検がないため、何かある度にバイク屋さんに持っていかなくてはなりません。

自分で少しでもメンテナンスができるようになるだけでも、バイク屋に通う頻度を少なくすることができ、その分の費用を好きなパーツ代などに使うことができてしまいます。

【自動車】基本的な整備をマスターする

自動車では、基本的な整備にあたる、オイル交換やタイヤ交換などの軽作業を行います。

意外と難しそうに感じる作業ですが、専門の先生に教えてもらうと誰でも簡単にできてしまいます。

将来的に車が欲しいと考えているあなた、乗れなくてもできることはいっぱいあります!

サマータイヤからスタッドレスタイヤへの交換、パンク時のタイヤ交換、電球の交換など、初歩的なことができるようになると、車検整備にも挑戦することができます!

できるようになること②:塗装・カスタムペイント

塗装やカスタムペイントのゼミでは、バイクをフレームから塗り、タンク、カウル、ヘルメットまで自分だけのオリジナルバイクを完成させることができます。

また、塗装の技術はプラモデルやスマホケースなどの小物にも活用でき、綺麗に塗装して友達に自慢したり、プレゼントするのも楽しいですよ!

できるようになること③:溶接

当校にはガス溶接とアーク溶接(電気)の設備があり、溶接作業の体験をすることができます。

可燃性のガスと酸素を使った溶接や溶断は、建設や造船の現場では今も必要とされてい る大切な作業です。

同じくアーク溶接も多くの金属を溶接できるので、色々な金属製品や金属建造物に使用されています。金属加工を扱う仕事には必須の技術になります。

自動車業界でも活用されており、特にアーク溶接は安価であるため自分でマフラーの溶 接などに使うこともあります。

そのため、安全に作業を行うためには専門的な装置の使用や作業を正しく学ばなければ なりません。希望する生徒は都道府県が指定する講習を受けることが可能です。

できるようになること④:ものつくり(伝統工芸品・アクセサリーなど)

創作系のゼミでは、かわいいアクセサリーや小物、キーホルダーを作ります。

決められたものを1つだけ作るのではなく、服装や、季節など、その時々に合わせてアクセサリーを創意工夫し製作します。

自作したものを実際に身につけ、「買うだけ」ではない、「自分で作るおしゃれ」という楽しみを感じてもらいたいという思いをもって、授業をしています。

工業コースで学ぶとお得なこと

お得なこと①:免許取得が授業単位に!

16歳になるとバイクの免許が取得できるようになります。生徒の中には、アルバイトを始めて教習所に通う子も多くいます。

柏キャンパスでは、学校から教習所へ学ぶ場所が変わっただけで、「学んでいることに変わりはない」という理念から教習所に通うことは欠席扱いにはしていません。

学校の時間を使いながら、免許の取得を目指せるため、高校卒業だけでなく、バイトとの両立も可能です。

お得なこと②:取得したバイクで通学できる

免許自体を取得できる学校は少なくありません。しかし、そのバイクで通学していいかどうかは別問題な場合が多いようです。

柏キャンパスでは、学校所定の書類を提出し、許可が下りれば、学校にも通学車両として乗ってくることができるようになります。

実際に多くの生徒が自分のバイクで登校する姿が毎朝見受けられます。

お得なこと③:なんでもペイント!ボロボロバイクも大変身

塗装やカスタムペイントも専門の先生が教えてくれるから、フレームからタンクから何から何まで自分の好きなカラーにペイントができます。

塗装は平面か球体かでもその難易度が大きく変わります。どんどんチャレンジしてレベルアップしていきましょう!

スキルが身に着けば、中古ボロボロなバイクを買って変身させることもできちゃいます。

凹んだタンクをパテで綺麗に直したり、錆び付いたパーツの錆を落としたり・・・

時間とお金はかかりますが、完成した時は感無量です。

上級学校との連携授業が受けられる

工業コースの大きな特徴の一つが「上級学校との連携授業」です。普段の授業ではできない体験をたくさんする事ができます。

また、学校見学と授業体験をより具体的な視点からできることも、高校卒業後の進路を考えるうえで貴重な時間となります。

実際に行った授業内容は(ロビンエンジンの分解・組み立て、ハーレーダビットソン車両整備体験、メルセデスベンツAI試乗体験、ロードスターのエンジン分解・組み立て、シルビアのブレーキ分解整備体験等)

整備工場へのインターンシップも

実際に整備工場にインターンという形で職業体験も実施していきます。現場の雰囲気を感じながら将来の自分の姿を見据えることによって、仕事というものを肌で感じ てもらいます。

さいごに:工業に少しでも興味のあるあなたに

小さい頃に、家族で一緒にでかけたりすると「何で車って動くのだろう?」、 「あの車カッコいい!なんて名前だろ?」気になったことがある人は多いはずです。

車やバイクに関してだけではなく、学校で作ったアクセサリーや手芸。みんな同じもの ではなくもっと自分らしさが光るものをつくってみたい!流行りのものを自作して SNSで人気になりたい!家族や友人にプレゼントしたい! 車やバイクだけではなく、金属や木材を加工したり、塗装や伝統工芸なども学んでみた り色々なものも「工業」なのです。

理由はなんでもいいと思います。 「きっかけ」が大事であり、やったこともないことを「つまらない」「やっても無理」などと決めるのではなく「やってみる」という受動的ではなく「能動的」に行動をする意志が大事です。

工業が好きで工業コースに入学したけれど、勉強が楽しくなり「やっぱり大学を目指し たい!」などの目標ができた場合には年度の切り替えのタイミングで進学コースに切り 替えることも可能です。

「能動的」な考え方が身につくと卒業する時には人として大きく成長するでしょう。 社会にでたときも求められる人材は受動的な人より能動的な人材です。

そして、常に色々なことに興味をもってもらい、「やってみる」きっかけをつくるのは私たち教員の使命です。

生徒だけではなく教員も共に学び、生徒の個性に合ったキャリアをデザインしていきます。


TOPへ戻る

© All rights reserved.